柿木温泉 はとの湯荘

はとの湯荘の休憩室にて

目的地の温泉とは、「柿木温泉 はとの湯荘」。
一度訪れて以来、その泉質の良さにすっかりヤミツキになっています。
特にカミさんがお気に入り。

風呂上りの後、いつまでもポッカポカするのがこちらの温泉の特徴。
塩分と鉄分の多さによるものだと思います。

はとの湯荘のパンフレット

お湯の色は茶色。
地表に出て酸化する事によって、茶色になっているようです。

はとの湯荘の外観

それにしても、こちらの温泉は最高!
地元の方との会話も弾み、とても楽しい入浴タイムとなりました。

はとの湯荘のお知らせ

ちなみに、6/27~7/8の間は工事の為に休館となりますので、要注意です。

五日市天然温泉 ゆらゆら

五日市天然温泉ゆらゆらの朝定食1

土曜日は早朝から近場の日帰り温泉施設、「五日市天然温泉 ゆらゆら」へ。
我が家からは車で10分程度と利便性も良く、朝7時から開いているのも大きなポイント。
朝風呂好きな私達にはもってこいです。

そしてこの日も7時オープンを目指して自宅を出発。
お目当ては朝風呂とモーニングです。

朝風呂といっても、ここに来ると私はサウナを満喫します。
遠赤外線のサウナに10分程度入った後は、体を洗い流して水風呂へ。
水風呂には約2分程度浸かります。
そして、これをいつも5~6回繰り返します。

水風呂が気持いいからサウナに入るのか、サウナが気持いいから水風呂に入るのか・・・
それは私自身にもわかりません。
でも、この繰り返しは最高に心地良いのです。

そして、温泉からあがった後は館内のお食事処で朝食を。
これが第二の目的であります。

お食事処の営業時間は午前8時から。
朝風呂に入った後に利用すると調度良いです。

ちなみ、私が大好きな和食モーニングは550円。
塩サバや味噌汁等がついていて、風呂上りのひとときを満喫できます。

五日市天然温泉ゆらゆらの朝定食2

名湯の後は食べ過ぎ?

先日の祭日、近場の温泉「宇品天然温泉ほの湯」に行ってきました。
こちらの温泉は、広島市内ではナンバーワンの泉質ではないかと思っています。
露天風呂は源泉掛け流しで茶褐色のナトリウム泉。
舐めるとかなり塩っぱいです。

しかも、掛け流しの源泉は僅かに硫黄の香りも。
中国地方ではかなり貴重な存在だといえます。

さて、「宇品天然温泉ほの湯」を楽しんだ後のお決まりのコースは「半田屋」。
安い料金でお腹いっぱい食べることができます。

半田屋でのk-rv定食

この日セルフで選択したのは、天ぷらそば、唐揚げ、ウインナー、塩さば、牛筋(おでん)、
生卵(卵ご飯用)、マーボー豆腐、白ご飯(中)です。(全部で950円くらい)

それにしても、我ながらよく食べます(笑)
これだけ食べて体重50kg台前半をキープしているのは、
ある意味奇跡なのかもしれません。

ちなみに、これ全部を私が食べたのではなく、
カミさんも一緒につついてくれました。(少量ですが)

おおあさ鳴滝露天温泉

おおあさ鳴滝露天温泉

先週末、キャンプの帰りに「おおあさ鳴滝露天温泉」に立寄りました。
この地方は寒い事もあり、辺りには雪が積雪していました。

おおあさ鳴滝露天温泉の入り口
建物の入り口周辺は雪でびっしり。

露天風呂に続く廊下
受付で会計を済ませた私達は、露天風呂へと向かいました。

入浴料は以前より値上げされていて、大人一人800円。
でも、JAFカードを提示すると、200円割引の600円になります。
もちろん、JAFカードを提示したのは言うまでもありません。

雰囲気の良い廊下を進んだ先には、
露天風呂入り口
露天風呂の入り口があります。
この雰囲気がたまらなく好きです。

カミさんと落ち合う時間を決めた後は、いよいよ露天風呂に!
雪を臨む露天風呂

お湯は若干ヌルめなものの、辺りに積もった雪を眺めながらの入浴は最高でした。
アクセスカウンター
IP (ユニークアクセス)

PV (ページビュー)
最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
このブログについて
広島周辺で楽しむレジャー(グルメ、温泉、ドライブ、ショッピング、アウトドア)の話題を中心に、時々車中泊に関する事も綴っています。あと、料理の事もほんの少し。でも、意外と多いのは持ち帰りラーメンの話題かも。
カテゴリ
月別アーカイブ
人気の記事
登録サイト
広島ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
94位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブックマーク
プロフィール

k-rv

Author:k-rv
軽RV紀行 - 軽キャンで車中泊とキャンプ旅」をご参照ください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
pictlayer