浜田港直送の朝魚市

昨日の夜、「明日は何処に行こうか?」とカミさんと相談になりました。
私なりに行きたい場所があって、その風景も頭に浮かんでいたのですが、
名前が思い出せません。(歳のせいか?)

「ほら、あっこあっこ」と抽象的な事を言っていると、
カミさんが「瑞穂方面?」と言うではありませんか。
ビンゴです。瑞穂方面に行きたかったのです。

これには二人とも大爆笑。
「あっこあっこ」で行きたい場所が伝わったのです。

10年以上も夫婦を続けていると、あうんの呼吸で思いが伝わるのか。
数ヶ月以上訪れた事が無い場所でしたので、ちょっと不思議でした。

からしろ館

そして最初に訪れたのは、北広島町は大朝にある「からしろ館」。
地元の農産物を扱う産直市です。

土曜日の午前中(11時まで)には、島根県は浜田港から直送される魚市も野外で開催されます。
実は、私のお目当てはこの魚市。
お気に入りの理由は、とにかく値段が安い事です。(美味しさは言うまでもなく)

塩さばの開き

塩さばの開き、一匹150円。(これがかなり特大サイズ!)

タコ

タコは、100gあたり100円。(スーパーでは198円以上します)

するめ

生のスルメイカは、一杯300円。(これも特大サイズ)

キス

キスは、6匹入り1パックで100円でした。

カレイ

カレイの開きは、5匹入っていて500円。
バターで炒めると最高なのだとか。(お店の方との会話より)

ゆでいか

ゆでいかも、1パック200円。

ゆでいかを頂きました!

ついつい我慢できず、その場で開封して頂きました。これは美味い!
こちらに写真掲載している殆どの商品を買い求めました。

浜田港で水揚げされた魚介類が直送される、からしろ館の朝魚市。
魚好きには堪らないお値段と満足感です。

なお、朝魚市は土曜日の午前中(11時まで)限定。
早い時間の訪問をオススメします。

福富物産しゃくなげ館

先週末の日曜日、近場にドライブへと出かけました。
向かった先は、高速道路を利用して自宅から1時間ちょっとの所にある福富町。

以前からこちらのスポットは大のお気に入りでしたが、
最近は雑誌やローカルTV等のメディアで紹介された事もあり、
広島市内から訪れられている方も結構多いように感じました。

しゃくなげ館の特設会場

福富町に訪れると、まず最初に立ち寄るのが「福富物産しゃくなげ館」。
福富町の新鮮な野菜が販売されています。
そしてこの日はイベントが開催されており、ちょっとした露店も並んでいました。

特設会場の金魚

今回は特別に、金魚が泳いでいるスペースも設置。
かなり暑い今年の夏ですが、こちらを眺めていると汗がひいてくる気がします。

しゃくなげ館の野菜売り場

そしてこちらは、福富町の新鮮な野菜たち!
もちろん、何種類かお買い上げ決定です。

しゃくなげ館のスイカ

スイカもとても美味しそう・・・
巨大なサイズで、値段もかなりお手頃でした。(500円~)

からしろ館の朝魚市

かろしろ館の朝魚市

TMネットワークのBGMでご機嫌な私達。
大朝ICで高速道路を降りて、産直市の「からしろ館」に立ち寄りました。

こちらの産直市は何度か立ち寄った事がありますが、
いつも時間が遅くて閉店寸前。(もしくは閉店後)
今回は午前中からゆっくり産直市を楽しむ事ができました。

中でも目をひいたのが、店外で販売されていた浜田産の魚介類。
浜田沖で捕られた新鮮なお魚たちが並んでいました。

これが安いのなんのって!

塩サバ一匹150円、キスが10匹程度入って100円等々。
色々購入した後、KONGの冷蔵庫へと保管しました。
今回は車中泊ではないので、遠慮なく冷蔵庫を使用する事ができます。

こちらのからしろ館、
魚介類の販売は土曜日の午前中(AM11:00まで)限定です。

アクセスカウンター
IP (ユニークアクセス)

PV (ページビュー)
最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
このブログについて
広島周辺で楽しむレジャー(グルメ、温泉、ドライブ、ショッピング、アウトドア)の話題を中心に、時々車中泊に関する事も綴っています。あと、料理の事もほんの少し。でも、意外と多いのは持ち帰りラーメンの話題かも。
カテゴリ
月別アーカイブ
人気の記事
登録サイト
広島ブログ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
94位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブックマーク
プロフィール

k-rv

Author:k-rv
軽RV紀行 - 軽キャンで車中泊とキャンプ旅」をご参照ください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
pictlayer