車中泊で使えるUSB扇風機

LPM-1081Uのパッケージ

今から二ヶ月前に購入した商品の記事になりますが・・・
このままお蔵入りさせるのはもったいないので、ちょっとだけ綴ります。

その商品とは?
USBでも使えるコンパクト扇風機、「ドウシシャ LPM-1081U」です。

実は、こちらの扇風機の前モデルを私は所有しています。
でも、その頃はUSB電源には対応していませんでした。

それが一年たった今年、USB電源に対応してリニューアルされたのです!
これは、車中泊ユーザーの方々にとっては嬉しいニュースではないでしょうか?
何てったって、前モデルは秋葉原で調達したグッズを使用しなければ
USB対応にならなかったのですから。
(詳細は、「扇風機のマルチ電源化:軽RV紀行 - 小さな8ナンバー」にて)

それが、本商品にいたってはUSB電源が出力されるACアダプターが標準装備。

LPM-1081UのACアダプタ

専用のUSBケーブルを介し、扇風機に電源が供給される仕組みになっています。

LPM-1081UのUSBコード

ACアダプターを使わない時は、パソコン等のUSBポートから給電。(乾電池も可)
もちろん、シガーソケット→USBのDC-DCコンバータに接続する事も可能です。

自作バッテリーで動作させたLPM-1081U

自作のポータブルバッテリーでも、難なく動作させる事ができました。

車中泊キャンプの朝

プチオフ会の後は、あっという間に就寝。
実は、いつKONGに戻ったのか覚えていません・・・(汗)
それほどまでに楽しい宴となりました。

翌朝は、いつも通りに早起きをして、まったりとTVなんかを鑑賞。

KONGの車内でワンセグ鑑賞

TVを見ながらゴロゴロする時間って、なんとなくプレミア感に溢れています。
って思うのは私だけでしょうか?(笑)
(普段はあまりTVを見ない)

田万川キャンプ場のkONG

さて、ご一緒させて頂いた方の愛犬、「いちの」ちゃんは早朝から元気いっぱい!
ボール遊びはかなりの腕前でした。

柴犬、いちのちゃん

そして、ある程度運動を楽しんだ後は、お楽しみの朝食タイム。

朝食に風景

道中に購入していた島根県産ポークを使い、
ちょっとした野菜炒めを作りました。(カミさんが)

フリードスパイクのリア電源設置

車中泊に適しているフリードスパイクですが、
リアラゲッジスペースにはDCソケットがありません。

まあ、車中泊時にはエンジンを停止する訳で、リアにソケットがあったからといって、
車中泊に便利とは言えません。
このあたり、ホンダの方はあえてリアラゲッジからDCソケットを排除したのでは?と思えます。
アイドリングを助長する事にも繋がりますしね。

でも、走行中においてもリアラゲッジに電源が必要となるシーンが存在します。
それは冷蔵庫を稼働させる時。

ホームセンター等で販売されている安物のベルチェ式冷蔵庫では、
短い移動中のみで庫内を冷やすのは夢のまた夢ですが、
私が愛用しているコンプレッサー式の「エンゲル冷凍冷蔵庫」となれば話は別。

電源を入れて数分(冷蔵なら5分程度)で冷え冷えになります。
十分、走行時のみの稼働で冷蔵庫として機能するのです。
(電源が切れた時の保冷能力も抜群)

この為にもリアラゲッジに電源が必要です。
という事で、DIYしてリアラゲッジ電源を取り付けることにしました。

フリードスパイクのリアラゲージ電源

一番簡単な方法は前席のアクセサリーソケットから分岐させる事ですが、
それでは美しくないのでヒューズボックスに直結する事にしました。
使用したアイテムは、「エーモンのNo.E579」。
20Aの背低ヒューズソケットから、10Aの電源を取り出せるものです。

アクセサリー電源のヒューズを取り外して装着しました。

リアラゲージ電源はヒューズボックスから

フロントからリアラゲッジへの配線も、上手くモールを利用して目立たないように処理。
ケーブルは1.25スケを使用しています。

リアラゲージ電源の取り回し

本当はアクセサリー電源以外に接続して、
エンジンOFF時で給電できるようにしようかと思ったのですが、
スイッチの切り忘れによるバッテリー上がりが怖かったので、今回の配線となりました。

フリードスパイクの車中泊マット

フリードスパイクを購入する前から、
「車中泊に使うマットはどんな感じにしよう?」と思っていました。
イオンやニトリで販売されている低反発マットレスを含め、
車中泊専用のマット(ラウンジマール等)を候補にあげていました。

しかし、いずれも折りたたんだ時にかさばるものばかり。
車中泊でフリードスパイクを使うとしても、それは年に数回程度。
それだけの為に、大げさなマットレスは邪魔者以外の何者でもありません。

そこで思いついたのは?・・・

キャンプ用の銀マットを使うこと。
これに敷き布団用の敷きパッド(シングル)を被せれば、
結構快適になるのではないかと。

早速試してみました。

フリードスパイクの車中泊マット1

銀マットは、以前キャンプで使っていた在庫品。
敷きパッドは、リーズナブルな価格で人気の「ファッションセンターしまむら」で調達しました。
そのお値段は780円。(この色を探すのに苦労しました)

結構いい感じですよ?

フリードスパイクの車中泊マット2

敷きパッドの四隅には固定用のゴムが付いていますので、
銀マットへの固定も容易です。

普段使いに重要な、折りたたんだ時のスマートさもご覧のとおり。

フリードスパイクの車中泊マット3

全くと言っていいほど、荷室を犠牲にしていません。
これは素晴らしいかも!
もっとクッションが欲しければ、もう一枚銀マットを敷けば良いでしょう。

テント泊に比べれば、快適度はケタ違い。
一人旅なら、このまま寝ることができる快適空間の完成です。

ちなみに、銀マットと敷きパッドの間に100均の滑り止めを入れると、
マットとパッドのズレを防止でき、さらに快適になります。

フリードスパイクにカーテン装着!

フリードスパイクのカーテン オープン

フリードスパイクにカーテンを取り付けました!

取り付けたカーテンは、G-THEMISの「サイドカーテン ワイドストレッチ(S)」。
スーパーオートバックスで、2,980円で販売されていました。(左右セット)

フリードスパイクの窓幅は意外と広く、75cmとちょっとあります。
でも、この長さに対応した汎用カーテンはなかなかありません。(通常は70cmまで)

そんな中、色々と物色していて見つけたのがこちらのカーテンでした。

フリードスパイクのカーテン クローズ

早速取り付けてみると、まるで純正のようなジャストサイズ!
取り付けは、両面テープのみの簡単取り付けです。

これで、車中泊時の目隠しはバッチリ!
フロントまわりは「マルチシェード フロントセット」で、スライドドアの目隠しはカーテンです。

スライドドアの目隠しは、マルチシェードよりカーテンがオススメです。
何故なら、目隠しと網戸を併用できるからです。
(吸盤で取り付けるマルチシェードは、網戸の時に装着出来ません)

ちなみに、私がフリードスパイクに装着している網戸は、
アイズアールブイ製の「ウィンドーバグネット セカンドセット」。

これからの季節は大活躍間違いなし。
ガラス窓のみより目隠し効果が高まる為、プライバシーの保護にも役立つ逸品です。

スポンサーリンク



アクセスカウンター
IP (ユニークアクセス)

PV (ページビュー)
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
このブログについて
広島周辺で楽しむレジャー(グルメ、温泉、ドライブ、ショッピング、アウトドア)の話題を中心に、時々車中泊に関する事も綴っています。あと、料理の事もほんの少し。でも、意外と多いのは持ち帰りラーメンの話題かも。
カテゴリ
スポンサーリンク
月別アーカイブ
人気の記事
登録サイト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
32位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブックマーク
プロフィール

k-rv

Author:k-rv
軽RV紀行 - 軽キャンで車中泊とキャンプ旅」をご参照ください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
pictlayer