フリードスパイクのリア電源設置

車中泊に適しているフリードスパイクですが、
リアラゲッジスペースにはDCソケットがありません。

まあ、車中泊時にはエンジンを停止する訳で、リアにソケットがあったからといって、
車中泊に便利とは言えません。
このあたり、ホンダの方はあえてリアラゲッジからDCソケットを排除したのでは?と思えます。
アイドリングを助長する事にも繋がりますしね。

でも、走行中においてもリアラゲッジに電源が必要となるシーンが存在します。
それは冷蔵庫を稼働させる時。

ホームセンター等で販売されている安物のベルチェ式冷蔵庫では、
短い移動中のみで庫内を冷やすのは夢のまた夢ですが、
私が愛用しているコンプレッサー式の「エンゲル冷凍冷蔵庫」となれば話は別。

電源を入れて数分(冷蔵なら5分程度)で冷え冷えになります。
十分、走行時のみの稼働で冷蔵庫として機能するのです。
(電源が切れた時の保冷能力も抜群)

この為にもリアラゲッジに電源が必要です。
という事で、DIYしてリアラゲッジ電源を取り付けることにしました。

フリードスパイクのリアラゲージ電源

一番簡単な方法は前席のアクセサリーソケットから分岐させる事ですが、
それでは美しくないのでヒューズボックスに直結する事にしました。
使用したアイテムは、「エーモンのNo.E579」。
20Aの背低ヒューズソケットから、10Aの電源を取り出せるものです。

アクセサリー電源のヒューズを取り外して装着しました。

リアラゲージ電源はヒューズボックスから

フロントからリアラゲッジへの配線も、上手くモールを利用して目立たないように処理。
ケーブルは1.25スケを使用しています。

リアラゲージ電源の取り回し

本当はアクセサリー電源以外に接続して、
エンジンOFF時で給電できるようにしようかと思ったのですが、
スイッチの切り忘れによるバッテリー上がりが怖かったので、今回の配線となりました。

関連記事

スポンサーリンク



アクセスカウンター
IP (ユニークアクセス)

PV (ページビュー)
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
このブログについて
広島周辺で楽しむレジャー(グルメ、温泉、ドライブ、ショッピング、アウトドア)の話題を中心に、時々車中泊に関する事も綴っています。あと、料理の事もほんの少し。でも、意外と多いのは持ち帰りラーメンの話題かも。
カテゴリ
スポンサーリンク
月別アーカイブ
人気の記事
登録サイト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
564位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
40位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブックマーク
プロフィール

k-rv

Author:k-rv
軽RV紀行 - 軽キャンで車中泊とキャンプ旅」をご参照ください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
pictlayer