フィールドライフ 新型軽キャン バロッコ他

フィールドライフ バロッコ 1

先日、広島で開催された「キャンピングカーフェスタ 2012 in Hiroshima」。
土曜日の初日、開場前から会場に駆けつけました。

「くるま旅クラブ」の会員証を提示すれば、大人二名までが入場無料。
通常は一人700円ですので、有難いですね。

そして、先着数名分の記念品を頂いて、いざ展示会場へ。

最近、目新しい軽キャンパーも続々お目見えです。
まずは、雑誌などでお馴染みの「給電くん」。
給電くんのサイドオーニング

ポップアップルーフに太陽光パネルが設置されており、
DC12V仕様の電子レンジも完備。
まさにオール電化軽キャンといった感じでした。
給電くん室内

でも、105Ahのサブバッテリー一基で大丈夫?
「給電」と言うには、かなり心もとない感じです。

そしてコチラは、広島発お目見えとなる、
鳥栖建材屋(トスケン)さんのOKワゴン。
OKワゴン室内

さすが、家具を知り尽くした方が作られた室内。
寸分の狂いもない、天然木による内装が見事です。
電気系統の充実ぶりも、素晴らしいの一言!
大盛況のOKワゴン

惜しむらくは、ポップアップルーフの設定が無いこと。
OKワゴンにポップアップルーフ仕様があると、
軽キャン最強の部類に属されるのですけどね。

そして最後は、表敬訪問を兼ねてフィールドライフのブースへ。
フィールドライフと言えば、我が家の軽キャンカー、「KONG」のビルダーです。

今回のお目当ては、まだデビューして間もない軽キャンカー「バロッコ」。
軽トラベースのキャブコンです。元祖軽キャンパーといえる、
フィールドライフならではのポップアップルーフは健在。
バロッコをリアから

室内はKONGより広々で、エンゲルの冷凍冷蔵庫も標準装備。
フィールドライフ バロッコ 室内 1

ポップアップルーフにも断熱が施されている感じで、質感も上々です。
相変わらず、高さが低いのは否めませんけどね。
ポップアップ

エントランスからの動線も良い感じ。
バロッコのエントランス

軽キャンには珍しい、外部からアクセスできる収納庫も秀逸です。
これなら、長尺物も難なく収納できますね。
長尺物収納庫

その作り込みは、一千万円以上するROOTSに通じるもの。
まさに、ミニROOTSと言えるのではないでしょうか。
関連記事

スポンサーリンク



アクセスカウンター
IP (ユニークアクセス)

PV (ページビュー)
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
このブログについて
広島周辺で楽しむレジャー(グルメ、温泉、ドライブ、ショッピング、アウトドア)の話題を中心に、時々車中泊に関する事も綴っています。あと、料理の事もほんの少し。でも、意外と多いのは持ち帰りラーメンの話題かも。
カテゴリ
スポンサーリンク
月別アーカイブ
人気の記事
登録サイト
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
32位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2ブックマーク
プロフィール

k-rv

Author:k-rv
軽RV紀行 - 軽キャンで車中泊とキャンプ旅」をご参照ください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
pictlayer